初心者webライター必見!上達するためのコツ

- 読者をイメージして記事を執筆することで伝わる文章になる

読者をイメージして記事を執筆することで伝わる文章になる

ライターをする上でどのような読者に読ませるのかをイメージすることは重要です。読者像が頭の中で明確に思い浮かべることができるようになれば、記事も執筆しやすくなります。相手をイメージして書くようにしましょう。

誰をターゲットにした記事なのかを明確に

手紙を書くときには、相手の人物像を思い浮かべて書くかと思います。
記事の執筆も手紙に似ていて、どのような読者に読ませるかをしっかりとイメージできていなければなりません。
自分が書いた記事が、どんな人に読まれるのか。この記事を読む人は何を求めて読むのか。……といった読者像をイメージしながら書き続けることで、自然と伝わる文章が書けるようになっていきます。

執筆中に話題からそれないように注意

テーマの話題からそれないように、余分なことは書かないようにしましょう。例え書いているうちにイメージが膨らんで、少し違うことが書きたくなったとしても抑えるようにしてください。
自分が書きたいことを書くのではなく、ターゲットとする人たちが求めている情報を書くことにに集中してください。
仕事を始めた頃はなかなかうまくいかないかもしれません。記事執筆の前に「最初に結論を書く」「箇条書きにしてまとめる」などの思考の整理をすることで、徐々にできるようになっていきます。

「なぜ?」と思わせる逆説表現は避ける


逆説表現は一瞬読者に「なぜ?」と考えさせ、立ち止まらせる効果があります。

けれども多用しすぎると全体として分かりにくい文章になります。

様々な解釈をされ、正確に情報を伝えることもできません。

情報が欲しくて読んでいたのに、逆に謎が深まってしまう記事は読者も喜びません。喜ばれる記事にするためにもライティングの中では逆説表現はあまり使わないほうが無難でしょう。

人と会話をして文章力を鍛えるようにする


文章力を鍛えるためには、会話力も必要です。どのように話したら相手に伝わるのかを意識して人と話すようにすることで、伝わる文章が書けるようになります。日々の会話の中で意識するようにしましょう。
会話をする時、目の前の相手のことを考えながら話をするかと思います。文章を書くのも同じです。相手のことを思いやることで、自分の考えを伝えることができるようになります。
文章力と合わせて必須となる、「語彙力」について別ページで解説しています。
ライターは読者への思いやりが重要です。思いやることで伝わりやすい表現を身につけることができます。どのような人に伝えるかをはっきりとイメージして執筆するようにしましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 初心者webライター必見!上達するためのコツ All Rights Reserved.