初心者webライター必見!上達するためのコツ

- 分かりやすく伝わる記事は書き方と構成が工夫されている

分かりやすく伝わる記事は書き方と構成が工夫されている

分かりやすく伝わる記事とは

・ 適切な書き方で書かれている
・ 欲しい情報が書かれている
・ 小見出しで分かれていて、構成がきちんとしている
・ 筆者の個性が適切な形で出ている
ことが重要になってきます。上記のスキルを順番に身につけて、伝わる記事を目指しましょう。

どんな記事を書くかによって書き方を変える


ネット上の記事は大きく「情報を提供するもの」と「体験談」に分かれます。前者はハウツー記事や説明文など、後者は旅行記などが当たります。それぞれ読者が全く違うので、書き方を変える必要があります。

「情報を提供する記事」ではできるだけ主観を排除し、正確な情報を書かなければなりません。一方で「体験談」は自分の主観をいかに魅力的に書くかが重要になってきます。
自分がこれからどのような記事をどのような人に向けて書くのかを、書く前にしっかりと意識しなければなりません。

6W2Hを意識して書くと魅力度が増す

「5W1H」は誰もが聞いたことがあるかと思います。「いつ、どこで、誰が、なぜ、何を、どのように」を意識して文章を書くと、確かにまとまって見えます。

ライターのお仕事では、さらに「誰に(Whom)」と「(金銭的に)いくらで(How much)」を追加した「6W2H」で書くようにしましょう。「誰に」と「いくらで」は情報を調べる上で多くの人が関心を持つテーマです。

6W2Hを意識して執筆をすると、より魅力的な記事になります。

小見出しで構成を分ける

あるテーマについて長い文章が書かれているよりも、小見出しに分けて書かれていた方が読みやすい記事になります。
記事全体の構成をまとめる時も、小見出しがあった方が書きやすくなるのもメリットの一つです。

また、小見出しがあれば、読者が最初に記事全体をざっと見た時「何が書いてある記事なのか」が分かります。魅力的な小見出しであればあるほど、読者は全文を読みたくなります。

基本をマスターしてから自分らしさを加える


記事によって書き方を変え、小見出しで構成ができるようになったら、少しずつ自分らしさを加えていきましょう。「主観を織り交ぜる」という意味ではありません。自分のキャラクターを上手に伝えるという意味です。

きちんとした構成で読みやすい記事は好かれます。けれどもそこにライターの個性が見えると、読者は記事の内容を信じたくなるものです。筆者に共感させることで、「読んでいて楽しい記事」は書けるようになります。

まずは書き方をマスターしましょう。その上で個性を出すようにすると伝わる記事が書けるようになります。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 初心者webライター必見!上達するためのコツ All Rights Reserved.